FPによる金融商品総合購買代理店


金融商品仲介業のご案内

資産運用のためのポートフォリオのご提案から、投資商品の提供、ポートフォリオ管理サービスまで、ファイナンシャル・プランナー(FP)が総合的にサポートいたします。

FPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズは、FPアソシエイツ・グループの金融商品仲介業者としてお客様に投資商品をご提供しております。

FPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズ所属のIFA(証券外務員)でもある有資格ファイナンシャルプランナー(FP)が、資産運用のためのポートフォリオのご提案をおこないます。また、FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社が提供する金融商品取引業(投資助言・代理業)とも連携し、投資助言に基づいて実際の投資を行なうお手伝いをいたします。
また、お客様が希望される場合には、FPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズでのお取引内容をFPアソシエイツ&コンサルティングに連携し、お客様の資産管理を総合的にサポートいたします。

FPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズは、SBI証券・楽天証券の2社と金融商品仲介業の契約を締結しており、2社でのお取引についてお手伝いをいたします。

金融商品仲介業とは

金融商品仲介業者とは、所属金融商品取引業者(SBI証券、楽天証券)との間で、「お客様に金融商品取引の勧誘を行なう」ことと、「お客様から金融商品取引のお申し込みを受け、所属金融商品取引業者へ仲介する」業務を行っています。
実際の金融商品取引契約は、金融商品仲介業者を介してお客様と所属金融商品取引業者の間で成立することになります。

金融商品仲介業の仕組み

金融商品仲介業の仕組みの概要

金融商品仲介業者とのお取引の留意点(金融商品取引法台66条の11に基づく説明事項)

  1. 金融商品仲介業者は、あらかじめお客様に所属金融商品取引業者の商号又は名称をお知らせします。
  2. 金融商品仲介業者には、所属金融商品取引業者の代理権はありません。
  3. 金融商品仲介業者は、金融商品仲介業に関して、お客様から金銭や有価証券を直接お預かりすることはありません。
  4. 所属金融商品取引業者が二者以上ある場合、どの金融商品取引業者がお客様の取引の相手方となるかお知らせします。
  5. 所属金融商品取引業者が二者以上ある場合で、お客様が行なおうとする取引について、所属金融商品取引業者間で支払う手数料が相違する場合は、その説明を行ないます。
  • [↑ページ先頭へ]
  • [←前のページへ戻る]
  • [←HOMEへ戻る]

金融商品仲介業のご案内

  • [金融商品仲介業のご案内]
  • [生命保険代理店のご案内]
  • [損害保険代理店のご案内]
  • [生命保険見直し相談のご案内]
  • [ネットワークのご案内]

[お問い合わせはこちら]


FPアソシエイツ&ファイナンシャルサービシズ株式会社

Copyright© 2017 Financial Planners' Associates and Financial Services Co.,Ltd. All rights reserved.